階段昇降機という介護用品

高齢化社会では介護用品や介護ビジネスといったものが増えていて、老人介護ホームのほかに住まいでも介護関係のものを利用するようになっています。高齢者のいる家庭ではバリアフリーにリフォームしたり、介護用品を購入するということが常識になっているでしょう。そんな介護用品で便利なのがバリアフリー機器というもので、機械によって介護が必要な高齢者の移動などができる商品になります。バリアフリー機器にも色々なものがありますが、階段昇降機というのは今の住まいにはとても重要な機械になるようです。今の住まいは二階や三階建てになっている作りであることから、住まいの中には必ず階段がありますので手すりがついているだけでは足りないといえます。介護が必要な高齢者の場合には階段昇降機があれば、自分で上り下りをする事ができて便利なのです。

階段昇降機にかかる費用

バリアフリー機器というのはまだ一般家庭すべてに浸透しているわけではなく、高齢者と同居をする家庭では設置していたりこれから設置することが多いようです。住まいでの生活の中で高齢者が苦労するのが部屋の移動で、車椅子などで移動はできますが階段があればそこは上ることができません。ホームエレベーターも取り入れている住まいもあるようですが、費用はかなり高めなのでなかなかすぐには取り付けができないでしょう。そこで階段昇降機であればホームエレベーターより安い費用で設置でき、安いものでは30万円くらいから高いものでも70万くらいになるようです。ホームエレベーターとなるとそれだけの広さが必要ですが、階段昇降機であれば手すりの反対のところにつけるだけなので簡単です。自分でも操作が簡単なので介護される人も自立に役立ちます。

階段昇降機の特徴について

高齢になってくると階段の上り下りが負担になったり、階段でつまづいて転倒して大きな事故につながる危険性もあります。そのため高齢者や体の不自由な人は階段の上り下りが制限され行動範囲が狭くなるケースもみられます。このような人のために階段昇降機があれば安全に上り下りでき行動範囲も広がります。実際のニーズは高く階段昇降機を設置できる業者も増えてきています。直線階段用、曲線階段用、車椅子用などがありますが大きく分けると2つに分類されます。階段に昇降機が走行するためのガイドレールを設置してそれに沿って動かす椅子等が取り付けてあるものと、手押し車のようなフレームの下部に走行装置を設置して運行するもので後方から別の人が操作しながら階段を昇降するものです。後者は操作が難しく安全を確保するのは難しい面もあります。

工事に少しでも不安点がある方はぜひお電話ください。 商品についてのお問い合わせ、ご質問があれば、お気軽にご相談ください。 停電時にも稼働するタイプは災害時に重宝します。 屋外に設置する場合は、雨風に強いタイプをご用意出来ます。階段昇降機の販売は福祉スタジオ 車椅子の方やリュウマチの方などの生活を支援する階段昇降機のレンタルや中古の販売、故障の際のメンテナンスを承ります。

LEAVE A COMMENT


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)